新・水戸市民会館計画を白紙にもどし 市民の声を反映させる会ニュース 第7号

2016年2月16日

news201602171 news201602172

署名活動スタート 3月12日まで
住民投票の実現で、市民が望む市民会館を!

2・13 キックオフ集会に130人以上

2月13日、署名活動がスタートしました。署名期間は3月12日までです。
署名開始にあたっての「キックオフ集会」が、「みと文化交流プラザ」で開かれ、受任者を中心に130人以上が参加しました。

「市民の会」代表の田中重博・茨城大学名誉教授は、「現市長の独断を許さず、市政を市民の手に取り戻す。大義は私たちにある。有権者の50分の1をこえる1万人以上の署名をめざそう」とよびかけました。

地元・泉町1丁目の歯科医・加藤煕さんは「大きな市民会館で活気が戻るのか、原案は検討し直した方がいい」と指摘。
「イ・ソリスティ・イバラキ室内合奏団」の田口邦生代表、特養ホーム「愛友園」の山口保雄理事長が署名活動に取り組む思いを語り、ピアニストの佐藤篤氏がメッセージを寄せました。

各地域、団体代表7氏が「話せば話すほど広がる」「きょうから1ヵ月、署名活動にがんばる」と決意をのべました。

署名開始初日、街頭でよびかけ

署名活動開始の13日午後、京成デパート前と水戸駅南口で署名・宣伝行動をおこないました。

京成デパート前では宣伝カーから田中代表らが訴えました。
参加者は買い物客や通行人にチラシを配りながら署名をよびかけました。
「市民会館の署名ですか。やります」と駆け寄ってくる人や、「裏に芸術館があるのでは」「金額が大きすぎる」「もっとコンパクトにしてもらいたい」などの意見が寄せ、署名に応じてくれました。
署名簿を持ち帰る人や署名簿を預かる商店主もいました。

署名開始にあたってのお願い

この署名は「水戸市の計画に賛成でも、反対でも、わからない人も、ともかく住民投票で、市民の意見を聞いてほしい」という署名です。
誰でも賛同できます。元気に、愉快に運動しましょう。

  1. 多くの人に「受任者」になってもらいましょう。
  2. 役員は地域と団体の連日の行動を把握し、事務局に報告してください。
  3. 短期間で1万人以上の署名を集めるには全戸訪問の計画が必要です。計画を具体化しましょう。
  4. 毎日の動きと署名数、毎日曜日ごとの目標をきめてください。
  5. チラシ配布、ポスター張り出し、ハンドマイクなど宣伝を旺盛にとりくみましょう。
  6. 募金も目標をもってとりくみましょう。

署名期間中もひきつづき 署名を集める「受任者」を広げてください
請求代表者6氏が共同アピール

署名は水戸市の有権者の50分の1(4,416人)以上が住民投票条例制定の本請求に必要です。
「市民の会」はそれを大きく上回る1万人以上の署名をめざしています。
「アピール」では、「署名を集めることができるのは、私たち請求代表者が署名集めを委任する受任者だけです。
署名期間中も受任者になっていただくことができます。
勢いを持って署名活動に取り組むために、受任者募集をひきつづきひろげてください」と呼びかけています。

住民投票条例制定請求代表者

田中 重博(茨城大学名誉教授)
丸山 幸司(弁護士)
佐藤 篤(ピアニスト)
菅野 法子(団体役員)
岩清水 理(団体役員)
大曽根紀雄(労働組合役員)

「市民の会」が住民監査請求 代替地費用は「不当な支出」

一部地権者の移転先用地に8億6617万円

水戸市は市民や議会にも明らかにしないまま、一部地権者の移転先の土地を先行取得しています。取得総額は8億6617万円にのぼります。
「市民の会」の田中代表ら4氏は2月10日、先行取得費の返還を高橋靖市長に求める住民監査請求を市監査委員に提出しました。

市は新市民会館予定地の再開発事業地に所在する民間病院の移転先として4カ所の土地を購入しています。
4カ所合わせた面積は現在の病院用地の4倍以上で、代替用地としては極めて過大です。
監査請求では、広大な土地を取得予定地の代替地として提供するのは「不当な公金の支出」「不当な財産取得」に当たると指摘しています。

時価と大きな開き、市に相当の損失

とくに代替用地の1ヵ所は市土地開発公社から買い戻した土地で、取得費は4億491万円。
ところがこの土地の時価は路線価格からみても約5500万円。
病院が時価で購入するとなると水戸市の損失は3億5千万円に及びます。
監査請求では「水戸市が相当な損失を被ることを前提として、水戸市長が独断で行った」と指摘しています。

同日、記者会見した「市民の会」代表の田中重博・茨城大学名誉教授は「都市計画決定前にこれだけの土地を先行取得していいのか」とのべ、「市民の会」相談役の田村武夫・茨城大学名誉教授は「過大な代替地の提供は不当な公金の支出といわざるをえない。合理的な説明もない。こんなことまでして新市民会館をつくる必要があるのか」と批判しました。

ニュース第7号(PDF)