320億円!こんな税金(市民の税金・国民の税金)のムダづかいやめてほしい

市民の会(新・水戸市民会館を白紙にもどし、市民の声を反映させる会)第3回総会

  • 2017年12月10日(日)午後1時30分~午後4時(終了予定)
  • みと文化交流プラザ(五軒市民センター・びよんど)201号室
    (水戸市五軒町1-2-12)
    どなたでも参加いただけます(水戸市民以外の方も歓迎)。入場無料

旧京成デパートの解体は税金を使わず、所有者(伊勢甚)の負担で行うべきです

駅前のリヴィンも、ダイエーも、ユニーも、建物の取り壊しは、すべて所有者と購入者の負担で行いました。
泉町1丁目北地区再開発事業では、補償費60億円のほか、建物の取り壊し費用として13億円の税金が投入されます。
旧京成デパートの解体は所有者の伊勢甚の責任で行うべきです。
水戸市は旧京成デパートのある泉町1丁目北地区(約1ha)の再開発事業として、320億円以上を投じ、2,000席の大ホールを含む3,700名収容の新市民会館建設を計画しています。

チラシ(PDF)