新・水戸市民会館計画を白紙にもどし 市民の声を反映させる会ニュース 第27号(改訂版)

2016年6月20日

news20160620 news20160614ura

56名(市民の会51名、市役所5名)が参加し、活発な質疑と意見
6月9日「都市計画案について学び、今後の運動を考える会」を開催

上記の会(都市計画案について学び、今後の運動を考える会)は午後2時から相馬光一・「市民の会ふたば」代表の司会ですすめられ、田中重博代表が「5月16日、住民投票条例を市議会が否決したことは、“水戸市政の歴史的な失敗”として後世に残ることになろう。これからの運動が大切」と開会あいさつを行いました。

つづいて都市計画案について、加藤久人・泉町周辺地区開発事務所長から再開発事業に関して、菊池浩康・市民協働部参事(新市民会館整備担当)が、新市民会館計画に関して各々20分間の説明がありました(資料が必要な方はご連絡ください)。

質疑応答にうつり、14人の市民から再開発事業によって巨大・巨額の市民会館を計画している問題点と市側の説明に対して、次々と質問、疑問が相次いで出されました。

第1部の終了予定(午後3時)を大幅に延長しましたが、質問や問題点について終了後も市役所側から聞く姿が見られました。

第2部では、“「市民の会」の今後の主張の中心点及び運動のすすめ方”について、岩清水事務局長が提案を行い、6人の市民から補強意見がありました。大曽根事務局次長が閉会あいさつを行いました。

利権疑惑! 奇妙な新市民会館計画の大変更

*2014年3月「水戸市第6次総合計画」(6水総)を市議会で議決
→新市民会館建設は68億円(建設費46億円、敷地22億円)
・6水総は「市民1万人アンケート」(2011年12月)を実施して決めた。
2014年4月~2023年3月の10年間の長期計画。
*2013年12月の市議会で高橋市長は突然「(1)2,000人程度のメインホール、(2)全体で3,000人程度のコンベンション機能、(3)泉町1丁目北地区(再開発事業)に立地」を表明
総額315億円~325億円(建設費192億円、敷地103億円、駐車場20~30億円)

募金にご協力ください

・ゆうちょ銀行
【店番】068 【普通預金】4962375
・郵便振替口座
【口座番号】00130-6-486747
両方とも【口座名】水戸市民会館計画・市民の会

主張の中心点及び当面の運動のすすめ方

2016.6.9「市民の会」

現情勢にあった「市民の会」の主張の中心点

  1. 再開発事業での市民会館建設は断念せよ。
  2. 市民会館は別の場所に計画し、早く着手しよう。
  3. 市民の意見を充分に聞いて、市民・行政・専門家が知恵を出し合おう

〈解説・4つの理由〉

  1. 再開発事業での建設は、長くかかりすぎて「早く」という市民ニーズには応えられない。
    (例)
    ・大工町1丁目再開発……14年以上
    「都市計画決定」(1999年)→トモスみと、ホテル等のオープン(2013年)
    ・泉町1丁目南地区……5年以上
    「都市計画決定」(2001年)→京成デパート等のオープン(2006年)
  2. 敷地(再開発事業)にお金がかかりすぎる。
    ・103億円以上(市の負担=市民の税金49億円。国の負担=国民の税金54億円)
    ・市有地利用は無料。県有地では借地料。民有地でも10億円位。
    (1万m²で、1m²10万円としても)
  3. 巨大・巨額すぎる。
    (大ホール2,000名、多機能ホール500名、展示ホール300名、会議室〈大・中・小〉900名、合計3,700名)。総額300億円以上(敷地103億円、建物192億円、プラス駐車場整備)
    東町・新体育館(3,700観客席)との重複施設(投資)はやめるべき。
  4. 早急に1万人アンケートを実施し、それにもとづいて市民と行政(市役所)及び専門家で計画を練り直す必要がある。
    ※「現計画が活性化につながらない理由」はニュース第26号参照。今後の展開は、ニュース第25号参照)

当面の運動について

  1. 「市民の会」の「主張の中心点」を市民のなかにひろめていく。
    1,000人の受任者→15,000人の署名者→27万人の市民にできる限り、あらゆる方法を使って、広げていく。
    口コミ(効果的)、ホームページ、各種集会での話、チラシ(ニュース)の作成、地域・団体のニュースなどへの掲載、など。
  2. 都市計画案について、意見書を提出していこう
  3. 水戸市都市計画審議会・委員へ市民の声を届けよう。
    「市民の会」から2回(4月7日と5月26日)、手紙と資料(カラーチラシ、ニュース第4号など)を送っています。
    「ぜひ読んで、市民の声を審議会に反映していただきたい」とのお願い(要請)をしていきましょう。
  4. 水戸市長への要請(申入れ)……「都市計画決定するな」
  5. 茨城県知事への要請……水戸市の「計画」の問題点について要請。
  6. 運動資金づくり(募金)をすすめたい。
  7. 7月中旬に「市民の会」第10回拡大役員会を開いて、その後の方針を決めたい。

ニュース第27号改訂版(PDF)

ニュース第27号(PDF)