新・水戸市民会館計画を白紙にもどし 市民の声を反映させる会ニュース 第33号

2016年11月29日

news20161129omote news20161129ura

 

新・市民会館の基本設計は中止し、計画の白紙撤回を求めます

―水戸市民会館の設計構造(木の使用が特徴)に類似する、同じ伊東豊雄建築設計事務所が設計した「ぎふ・メディアコスモス」(2015年2月完成)は、完成6日後に水たまりや雨漏り―

中止しないとムダになる1億3,446万円

水戸市が主導する再開発準備組合は、泉町1丁目北地区に計画している市民会館をメインとする建物について今年8月25日、伊東豊雄建築設計事務所(東京)を代表企業とする共同企業体と基本設計に関する契約を結びました。
本年度中(2017年3月31日まで)に基本設計を行い、その契約金額は1億3,446万円です。

「本来なら伊東設計は指名停止だ」市議会特別委員会で追及

新・水戸市民会館設計について、伊東氏がモデルとしている「ぎふ・メディアコスモス」で設計工事に重大な問題(瑕疵)が発生していることが明らかになっています。

この問題は、11月24日に開かれた水戸市議会市民会館問題特別委員会でも追及されました。
袴塚孝雄議員(県都市民クラブ)は、「岐阜では大問題になっている。岐阜市の職員から市長などに対して、監査請求まで出されている。基本設計は止めるべきだ」と主張。
伊藤充朗議員(公明)は、「このまま(設計を)すすめると市に重大な損害を与えることが考えられる。本来なら指名停止だ。伊東豊雄氏は自ら辞退すべきだ」と、市のやり方を批判、協議のうえ、特別委員会として、岐阜市に視察にいくことを決めました。

伊東豊雄氏設計の施設、屋根に水たまり…補修へ〈岐阜〉

朝日新聞デジタル版(2016年2月26日付)から引用

(抜粋)伊東氏の事務所(東京)と施工した戸田建設(同)が25日、責任を認め、補修工事をすることを明らかにした。
補修費用は事務所と建設会社が負担し、市も施工と施工監理のミスが原因と判断している。
市によると、岐阜県産のヒノキを使った格子屋根が特徴。湾曲するような形に設計されたが、雨水の排水口23カ所のうち19カ所の付近に水たまりができている。
……事務所の担当者は同日、市議会文教委員会に参考人として出席し謝罪。木材の乾燥に伴い変形や施工時に屋根材を設置した際の誤差の積み重ねを原因に挙げ、「前例のない構造と施工方法だった」と釈明した。

ぎふメディアコスモス 水戸市民会館計画
敷地面積 14,725m² 8,300m²
建築面積 7,530m² 6,600m²
延床面積 15,440m² 21,800m²
主用途 中央図書館・市民活動交流センター・ギャラリー・ホール 市民会館、商業・業務施設
総事業費 125億円 320億円
敷地 国有地・岐阜大学病院の跡地 再開発で建物すべて取り壊す
人口 40万人 27万人

 

「空中デッキ」(新市民会館~京成デパートの「上空通路」)を白紙撤回

ムダになった「コンサルタントへの業務委託料(予算になし)664万円余」

11月24日の市議会市民会館問題特別委員会では、それまで討議してきた(市民にはほとんど知らせず)「空中デッキ」計画について「設置は困難」として白紙撤回しました。
市は、その理由を建築基準法に基づく京成デパートの改修工事に18億円かかり、泉町1丁目南ビル店舗共有者組合が「莫大な費用がかかり、設置は不可能」としているためと説明しました。

この「空中デッキ」計画については計画を知った市民、地元の権利者の方々から批判が多く出されていました。
特別委員会において中庭次男議員(共産)は、次のように主張しました。
「全く議会に相談なしに、水戸市はコンサルタント会社に上空通路の検討業務を委託した。664万円余の委託料は予算になく、全くムダ使いだ」

伊東豊雄事務所と横須賀満夫事務所を市民会館の設計者に選んだのは?

水戸市は、都市計画決定の1年前(2015年7月)から建物設計の評価委員会議を設置し、市民に決まったかのようなイメージをふりまいています。
この評価委員は「専門知識を持つ学識経験者」から設置(2016年3月28日文書による)としていますが、水戸市の人はいなく、「水戸には学識経験者はいないのか」との声が出ています。

公募型のプロポーザル(提案)方式で、伊東豊雄建築設計事務所(代表企業)と横須賀満夫建築設計事務所(市内企業)を決め、今年7月6日に市は再開発準備組合(法人格なし)に推薦しました。

選定・推薦の時点ですでに伊東氏設計の「ぎふ・メディアコスモス」の問題は建築業界ではわかっていたことであり、評価委員の責任は重大です。

(「市民の会」ニュース第29号2面の記事に加筆しました)

新・水戸市民会館等設計候補者・評価委員

  • 委員長
    貝島 桃代・筑波大学芸術系准教授
  • 副委員長
    本杉 省三・日本大学理工学部建築学科教授
  • 委員
    垣内 恵美子・政策研究大学院大学文化政策プログラムディレクター教授
  • 委員
    古瀬 敏・静岡文化芸術大学名誉教授
  • 委員
    伊藤 雅人・三井住友信託銀行不動産コンサルティング部審議役環境不動産推進チーム長

募金にぜひご協力ください

・ゆうちょ銀行 【店番】068 【普通預金】4962375
・郵便振替口座 【口座番号】00130-6-486747
両方とも【口座名】水戸市民会館計画・市民の会

「市民の会」第2回総会

「市民の会」設立1年。総会において新たな市民運動を提案します。
・どなたでも参加できます(水戸市民に限りません)
ぜひ、ご参加ください

  • 日時…2016年12月3日(土)午後2時~4時30分(資料代300円)
  • 会場…県立青少年会館大研修室(水戸市緑町1-1-18)

ニュース第33号(PDF)