新・水戸市民会館計画を白紙にもどし 市民の声を反映させる会ニュース 第43号

2019年9月5日

市民の会ニュース表 市民の会ニュース裏

 

水戸市の新市民会館計画 本当に市民のためでしょうか?

またも増額27億円 限りなく膨らむ総事業費 353億円に

(芸術館東駐車場、周辺道路など含め)

最初68億円→320億円→353億円超 どこまで増えるの?

  • 市長選ではダンマリ、終わった途端、6月議会に「27億円増額」を発表。
  • 27億円のうち24億円は移転補償費(60億円→84億円)。多くは伊勢甚に。さらに伊勢甚所有の空きビル解体費用も市負担。

“水戸市の予算の3分の1、子や孫にまで借金残す”
353億円の市民会館を市民は求めていない

震災で使えなくなって8年。「安くて使いやすい市民会館を早くほしい」が市民の声。353億円は異常、市有地など利用し、ふさわしい規模の施設を。

まだまだ増える市民負担

完成後の維持管理費をいまだに明らかにしない。2,000席大ホール、3,700名収容の巨大施設の維持費は年間どれほどに。“できてみないとわからない?”――ずさんな建設計画で痛みは市民に。

莫大な税金のムダ使い、しわよせは市民の生活に

ささやかな、あたり前の市民の要求はことごとく無視。黙っていたら、ますます住みずらい水戸市に。

●市内の小学校では…

トイレの臭いが教室にまで届く。プールのタイルが破損し、はだしになれない……何とかして!

無謀な新市民会館建設計画 市民の声でまだ止められます
現計画を見直し、市民のための市民会館を実現させましょう。

27億円ってどんな額?

◇学校が一つ、老人ホームなら2~3カ所つくれる金額。
◇小美玉市の会館“みの~れ”は30億円で完成しています。

近年設立した他市の例

◇群馬・太田市 60.9億円(H26)
◇島根・安来市 50.6億円(H27)
◇愛媛・四国中央市 48億円(H28)

募金にご協力をお願いします。

【郵便振替】
口座番号00130-6-486747
口座名 水戸市民会館計画・市民の会

「市民の会」の提案
渋井町の市有地を活用すれば 50億円で、すぐに建設できます

東部公園・土地計画利用図

  • 水戸駅から東に3km。ここに19ha(東京ドーム4.5個分)の未整備の市有地があります。
  • 市有地なので建設費だけで建てられます(市の当初計画なら46億円)。

駐車場は十分確保できます

市の現計画では、駐車場が足りなく、大渋滞が予想されていますが、渋井町の市有地に建設すれば、駐車場は十分確保でき、バスや大型トラックの搬入・搬出も十分可能になります。

こんな施設に──

皆様から寄せられたアンケートと文化活動団体の意見を集約して提案しています

  • ホール(大)1000席、(小)300席 / 200席
  • リハーサル室…防音・グランドピアノ
  • 楽屋・控室…舞台袖への動線を考慮
  • 音楽室・スタジオ…防音・ピアノ
  • 会議室・集会室…100名・50名・30名など多数
  • 和室(兼茶室)
  • サロン…世代交流・憩いの場
  • 喫茶・レストラン
  • キッズスペース
  • 展示室
  • トイレ…洋式でバリアフリー、女性用を多く設置
  • その他
    ※広い花道。舞台のヘソと袖部分を広く
    ※館内はバリアフリーと手すりの設置
    ※階段の踏みしろは広く、低く
    ※会場外に広場が欲しい
    ※搬入動線はスムーズに使いやすく

設計段階から管理・運営まで、市民と専門家及び利用者が参画し、誰もが使いやすく、市民に長く愛される施設に。

泉町1丁目のまちづくり

まちなか活性化に巨大なホールはいりません
市民の知恵でまちなか再生を本気で考えましょう

泉町1丁目北地区(市の建設予定地)の真の活性化を、地権者とともに考える「泉町1丁目北地区まちづくり研究会」では、こんな意見が出されています。

  • まずは旧京成ビルを、所有者の伊勢甚が自費で撤去すべきです。
  • お年寄りから若者までいつも使える健康増進プラザがいい。
  • 水戸芸術館の広場と連動した緑のデートスポットを。
  • 市立中央図書館をもってくる。今の中央図書館は博物館にしてはどうか。
  • 水戸が発祥の地、世界にひとつのオセロミュージアムをつくってはどうか。
  • 子育てママや若い人たち、学生さんなどが気軽に立ち寄って楽しくなる施設を。
  • まちの駅や地場産のマルシェなど観光客も立ち寄れる場所に。
  • 10人から300人位の会議や催しができる部屋がたくさん欲しい。

ニュース第43号(PDF)